人類初2時間の壁突破!マラソン・キプチョゲが快挙

10月12日(土)18時31分 日刊スポーツ

非公認記録もマラソンで人類初の1時間台を記録したキプチョゲ(AP)

写真を拡大


マラソンで2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が非公認の記録ながら、人類で初めて「2時間の壁」を突破した。
12日、ウィーンでの2時間切りにチャレンジにするレースで、1時間59分40秒で走った。
42キロすぎ。キプチョゲは記録を確信すると、歴史の証人となる沿道の観客を盛り上げるように、何度も腕を突き上げた。大きな喝采を浴びながら、フィニッシュラインを駆け抜けた。タイムは驚異の1時間59分40秒。非公認とはいえ、人類で初めて、42・195キロを2時間切りしたことには変わりない。限界と言われていた壁を超えてみせた。フィニッシュしても、余力はたっぷり。輪になった仲間から担ぎ上げられ、笑顔で歓喜に浸った。その後、ケニアの国旗を掲げ、集まった観客の前を走り回った。
レースはペースメーカーが1キロあたり2分50秒のタイムで走れるように、先導車は道にライトで目印を作り、変動のない理想的なペースメークをアシスト。風よけにもなるペースメーカーは前5人、後ろ2人が入れ替わる形で、42・195キロを通じ、好条件を作り出した。
キプチョゲは10キロを28分20秒、20キロを56分47秒、30キロを1時間25分11秒、40キロを1時間53分36秒で通過した。

日刊スポーツ

「人類」をもっと詳しく

「人類」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ