FC東京のリッピ・ヴェローゾ、グロインペイン症候群と診断…全治3〜4週間

10月12日(金)20時33分 サッカーキング

今季のJ3では22試合に出場しているリッピ・ヴェローゾ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 FC東京は12日、リッピ・ヴェローゾがグロインペイン症候群と診断されたことを発表した。同選手はそ径部の違和感で別メニューでのトレーニングを行っていた。全治は約3〜4週間と診断されている。

 リッピ・ヴェローゾは1997年生まれの20歳。身長179センチメートルのMFで、2011年からボタフォゴ、サントス、コリンチャンス、フラメンゴ、パルメイラスと、ブラジルの名門クラブを渡り歩いてきた。昨年7月12日にFC東京加入が決定。今季は明治安田生命J1リーグでは出場機会がなく、FC東京U−23の一員として明治安田生命J3リーグで22試合出場4得点を記録している。

 FC東京U−23は今季、明治安田生命J3リーグ第26節終了時点で25試合を消化し、6勝5分け14敗。勝ち点「23」で16位。次節は14日、ブラウブリッツ秋田をホームに迎える。

サッカーキング

「FC東京」をもっと詳しく

「FC東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ