サウスゲート監督、逆転負けのチェコ戦に言及「単調なものになってしまった」

10月12日(土)20時52分 サッカーキング

イングランド代表のサウスゲート監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が、11日に行われたEURO2020予選のチェコ戦について語った。12日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 グループAの第7節、アウェイでチェコ代表と戦ったイングランド代表は、先制点を挙げる展開も試合終了間際に失点を許し逆転負け。EURO予選では10年ぶりの敗戦を喫したイングランド代表だが、サウスゲート監督は以下のように語っている。

「ヨーロッパでトップクラスのチームになるには、長い道のりが必要だ。私たちは、それをわかっているよ。今夜の私たちのパフォーマンスは十分ではなかったね。単調なものになってしまったんだ」

「ただ、後半ではいくつか改善することもでき、相手にとってより脅威になることができた。チャンスを作ることもできていたんだ。しかし、何度もボールを渡し過ぎてしまったことは反省しなければならないね」

サッカーキング

「チェコ」をもっと詳しく

「チェコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ