【阪神】CS第1S不戦勝突破も!?秋雨前線停滞、雨天中止で0勝0敗なら「上位球団」が最終Sへ

10月12日(木)6時0分 スポーツ報知

バント練習で失敗して悔しがるメッセンジャー

写真を拡大


 阪神がDeNAとのCS第1ステージ(S、甲子園)を「不戦勝」で突破する可能性が11日、浮上した。

 14日の第1戦から予備日の17日まで、いずれも降水確率50%の予報。金本知憲監督(49)が「キーマンは全員。スタメンも決まっていないし、みんなで助け合ってできればいい」と必勝を誓う中、前代未聞の事態が起こるかもしれない。

 天気には勝てないとよく言うが、天気に勝たせてもらうことは可能だ。現時点で14〜16日の試合開催日は雨の予報で、神戸地方気象台も「今週末から秋雨前線が南下してきて停滞します」と説明する。では、予定された3試合がすべて中止になればどうなるのか。セ・リーグのアグリーメントには「勝数が同じ場合は、上位球団を勝者とする」と明記されており、両チームが0勝0敗で並べば阪神の最終S進出が決定するのだ。

 戦わずして広島に乗り込めば、さらに猛虎に追い風が吹く。第1Sに先発予定のメッセンジャー、秋山のエース級を18日の最終S第1戦(マツダ)からつぎ込むことが可能。広島には1勝のアドバンテージがあるが、自慢のリリーフ陣もフレッシュな状態で臨めるとあれば十分に勝算がある。

 この日午前10時から販売が開始された入場券は、わずか1時間で第1、2戦が完売した。球団幹部は「すべての試合が中止になる可能性は低いだろうが、雨で流れてしまうと営業的には大打撃になる」と困惑の表情を浮かべた。雨乞いをすべきか、てるてる坊主を作るべきか。猛虎ファンも天気予報とにらめっこしながら、決戦を迎えそうだ。(表 洋介)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

阪神タイガースをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ