【RIZIN】韓国女王ハム・ソヒ、山本美憂を流血撃破で王者・浜崎朱加に挑戦「とにかく勝ちます」

10月12日(土)20時41分 スポーツ報知

山本美憂(下)のタックルを崩したハム・ソヒ。山本の金髪が血で染まった

写真を拡大


 ◆RIZIN.19 ▽第11試合 49キロ(女子MMAルール)○ハム・ソヒ(2回4分42秒 TKO)山本美憂●(12日、エディオンアリーナ大阪)

 韓国女子格闘技のパイオニアで初代ROAD FC女子アトム級王者のハム・ソヒ(32)=韓国=が、山本KID徳郁さん(享年41)の姉・山本美憂(44)=KRAZY BEE=に2回4分42秒、TKOで勝利し、初代RIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加(37)=AACC=への挑戦権を獲得した。

 ハム・ソヒは山本の得意のタックルに即座に対応。右耳から流血しながらもタックルにくる山本をがぶり、鉄ついをあびせ続けたところでレフェリーが止めに入った。

 リング上でハム・ソヒは「今日の試合はうれしいけど、寂しいです。山本選手と試合をしてみてワクワクしましたけど、実際してみて寂しくなりました。これから練習一生懸命します。これからも応援お願いします。(タイトルマッチ)頑張ります」とコメントすると、浜崎がリングイン。「ハムちゃん強いなと思いました。過去2回勝ってるんですけど、3度目も勝たせてもらいます」と王者の余裕を見せた。

 ハム・ソヒも「とにかく勝ちます。浜崎選手に言いたいんですけど、2回負けてるので3回目は無いと思います」とタイトルマッチへ意気込みを語った。 

 ◆山本 美憂(やまもと・みゆう) 1974年8月4日。神奈川県生まれ。幼少時からレスリングの英才教育を受け、13歳で第1回全日本女子選手権を優勝。全日本4連覇を達成すると、17歳で世界選手権を制し史上最年少優勝の快挙を成し遂げた。94年・95年世界選手権連覇。16年総合格闘技への参戦を表明し、9月RIZINでMMAデビュー。17年7月RIZIN—夏の陣—で初勝利を飾った。父はミュンヘン五輪レスリング日本代表の山本郁榮、弟は総合格闘家の山本“KID”徳郁さん、妹は女子レスリング世界王者の山本聖子。息子はレスリング世界ジュニア王者で総合格闘家の山本アーセン。

スポーツ報知

「RIZIN」をもっと詳しく

「RIZIN」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ