男子ゴルフ、最終日も中止…36ホールで今平2連覇

10月12日(土)19時16分 読売新聞

 男子ゴルフのブリヂストンオープンの大会本部は12日、台風19号の影響により、13日に千葉県の袖ヶ浦CCで行われる予定だった最終ラウンドを中止すると発表した。12日も中止で、大会は36ホールの短縮競技となり、第2ラウンド終了時で首位の今平周吾(27)が通算11アンダーで優勝。昨年に続く大会2連覇でツアー通算3勝目となった。優勝賞金の50%にあたる1500万円が賞金ランキングに加算される。

 上位3人(同順位の場合は賞金ランキング上位者)に与えられる「ZOZOチャンピオンシップ」(24〜27日)の出場権は今平と、大槻智春、スンス・ハン(米)が獲得。この3人を除く、ブリヂストンオープンまでの賞金ランク「ZOZOランキング」の上位者から、石川遼、ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、浅地洋佑、朴相賢(韓国)、星野陸也、チャン・キム(米)、ショーン・ノリス(南アフリカ)の7人も出場権を獲得した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「中止」をもっと詳しく

「中止」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ