キプチョゲ、マラソン2時間切り達成…非公認レース

10月12日(土)21時7分 読売新聞

非公認レースで2時間を切り、笑顔のキプチョゲ(AP)

写真を拡大

 【ウィーン=岡田浩幸】マラソンの世界記録保持者、エリウド・キプチョゲ(34)(ケニア)が前人未到の「2時間切り」に挑むイベントが12日、ウィーンで行われ、1時間59分40秒をマークした。国際陸連の非公認レースのため世界記録には認定されない。

 キプチョゲは昨年のベルリンマラソンで2時間1分39秒の世界記録を樹立。今回はウィーンの公園を利用し、全行程の90%が直線で高低差のほとんどない特設コースで挑戦。複数の五輪メダリストらがペースメーカーとして参加し、常に7人がキプチョゲを囲んで風よけになって先導した。

 キプチョゲは「歴史を作ることができ、偉大な気分。人類に限界がないことを証明できた。私は世界一幸せな男だ」と語った。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「エリウド・キプチョゲ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「エリウド・キプチョゲ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ