アジーテシュ・サンドゥが日本初V 中里光之介はプレーオフで散る

10月13日(金)21時42分 ALBA.Net

優勝したアジーテシュ・サンドゥ(提供:大会事務局)

写真を拡大

<太平洋クラブチャレンジトーナメント 最終日◇13日◇太平洋クラブ 江南コース(7,053ヤード・パー71>

12日(木)から埼玉県の太平洋クラブ江南コースで行われた、チャレンジツアー「太平洋クラブチャレンジトーナメント」。プレーオフまでもつれた激闘を制したのは、インドのアジーテシュ・サンドゥだった。


トータル7アンダーで最終18番を迎えたサンドゥだったが、決めれば優勝となるパーパットを外し中里光之介とのプレーオフへ。その1ホール目、先にパーとしたサンドゥに対し、「切れると思ったフックラインが切れなった」と、中里はパーパットを決められず。この瞬間、サンドゥの勝利が決まった。

サンドゥは、先週のアジアンツアー「Yeangder Tournament Players Championship」で初勝利を挙げたばかり。日本では初優勝となる2週連続優勝で、夢への扉をさらにこじ開けた。

そのほかは、1打差3位タイに三木龍馬と原田凌。4アンダー5位タイには額賀辰徳や宮瀬博文ら7人が入った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

この記事が気に入ったらいいね!しよう

プレーオフをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ