62歳の“鉄人”室田淳が自身の日本OP最年長予選通過レコードを更新

10月13日(金)20時17分 ALBA.Net

さすが鉄人・室田!まだまだ元気な姿をファンに届けた(撮影:鈴木祥)

写真を拡大

<日本オープンゴルフ選手権 2日目◇13日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70>

鉄人が自身の持つ記録を1つ塗り替えた。88位タイから出た室田淳がこの日5バーディ・3ボギーの“68”をマーク。2つスコアを伸ばし、トータル2オーバー46位タイで予選ラウンドを突破。これにより、昨年自身が打ち立てた61歳と80日の「日本オープン」最年長予選通過記録を、62歳と79日に更新した。


立派な記録だが、当の本人はそのことをすっかり忘れていたそうで、「そうなの?でも予選通過ぐらいじゃね」と豪快に笑っていた。昨日はドライバーはテーラーメイド社の「グローレF2」の赤ヘッドモデルを使用。しかし、この日は「使い慣れた」同じヘッドの白モデルを使った。この変更が幸いし、昨日よりティショットが安定。好スコアにつながった。

記録は意識していないが、「ちょっとでも話題を作れたならいいかな」と満足げな表情を見せた室田。この日は19歳の大学2年生・片岡尚之、45歳の宮本勝昌とラウンド。「俺が62歳、3世代のラウンドだったし楽しかったよ」。年齢差に関わらず、同じ土俵で勝負するゴルフの奥深さを見せつけた。

岐阜関カントリー倶楽部 東コースは490ヤード越えのパー4が4つもある、距離の長いパー70。その中で62歳の室田が予選通過できたのは、長年による技術研鑽の賜物だろう。「これからやることが多いよ。ホテルも予約しないといけないしさ。あと2日間棄権しないように頑張りますよ」。ホールアウト時も笑顔、報道陣への対応でもにこやかな表情を崩さなかった。

なお、ツアーにおける最年長予選通過記録は故・杉原輝雄が06年の「つるやオープン」で記録した68歳と311日となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ