香川真司の芸術的ループ弾がリーグ月間ベストゴールに。得票率はダントツ

10月13日(金)15時27分 フットボールチャンネル

 ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月のリーグベストゴールにボルシア・ドルトムントのMF香川真司が決めた芸術的ループシュートが選ばれたことを発表した。

 ブンデスリーガは9月のリーグ戦で決まった得点から10ゴールを選出し、公式フェイスブックとYouTubeチャンネルを通じてベストゴールのユーザー投票を行った。その結果、香川が43%の得票率でトップに。2位のカイウビ(アウクスブルク)が14%の得票率で、香川がダントツとなっている。

 香川は9月30日、ブンデスリーガ第7節のアウクスブルク戦で見事なループシュートを決めており、多くの称賛のコメントが寄せられた。

 ブンデスリーガの日本人選手最多得点記録を塗り替えた香川。これからもファンの記憶に刻まれるスーパーゴールを決めるだろうか。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

香川真司をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ