代表キャリアをベット…? イングランド代表MF、病気離脱後にカジノで発見

10月13日(日)9時39分 フットボールチャンネル

 イングランド代表のMFジェームズ・マディソンの行動が問題視されるかもしれない。英『ザ・サン』は現地時間12日、同選手がカジノにいる写真を掲載した。

 レスター・シティのプレーメーカーであるマディソンは、EURO2020予選に臨むイングランド代表に招集されていた。しかし、病気を理由に10日に代表を離脱。クラブに戻って調整をすることになっていた。

 カジノに出入りすること自体は問題ではないが、『ザ・サン』によるとマディソンがギャンブルに興じていたのは現地時間11日の夜。つまり、イングランド代表がEURO予選でチェコ代表と対戦しているタイミングだった。病気で外れた選手がカジノで遊んでいたとなれば、招集したガレス・サウスゲイト監督もいい顔はしないかもしれない。

 イングランド代表は敵地でのチェコ戦を1-2で落とし、EURO2020本大会出場を決めることはできなかった。14日には敵地でブルガリアとの対戦を予定している。

フットボールチャンネル

「イングランド」をもっと詳しく

「イングランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ