【MLB 優勝決定S】田中将大、味方美技も飛び出し5回まで1安打無失点の快投 ヤ軍は3点リードに

10月13日(日)10時41分 フルカウント

5回にジャッジが好捕&強肩発動で併殺、打線はトーレスが先制タイムリー&追加点のソロ

■アストロズ – ヤンキース(優勝決定シリーズ・日本時間13日・ヒューストン)

 ヤンキースの田中将大投手は12日(日本時間13日)、敵地で行われているアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発した。5回は先頭打者を四球で出したものの、続く打者は右翼ジャッジの好守備で併殺に仕留め、無失点を継続。打線はトーレスの2打点、スタントンのソロ弾で3点のリードを奪っている。

 レギュラーシーズン107勝のアストロズと103勝のヤンキース。“最強対決”となったリーグ優勝決定シリーズの初戦は、グリンキーと田中の投げ合いとなり、立ち上がりから投手戦を展開。田中は初回を10球で3者凡退に仕留めた。

 2回もわずか9球で3者凡退。3回は1死からタッカーに右前打を浴びて初ヒットを許したが、続くチリノスはスライダーで三ゴロ併殺打。田中が早くも吠ええると、直後の4回にヤンキースがトーレスの適時二塁打で先制に成功した。

 その裏、田中は再び3者凡退。5回は先頭ブレグマンをこの試合初めての四球で歩かせるも、続くアルバレスの痛烈なライナーを右翼ジャッジが好捕。すぐさま一塁に返球し、飛び出したブレグマンを刺してダブルプレー。田中は自身への怒りもあってか、再び激しく吠えた。続くグリエルも打ち取り、5回1安打1四球3奪三振で無失点。わずか57球。ヤンキースは6回にトーレス、スタントンがソロ弾を放ち、リードを3点に広げた。

 6試合で4勝2敗、防御率1.54、被打率.164というポストシーズン通算成績を誇る田中。5試合以上に登板した投手の中では、防御率は史上5位、被打率は史上1位。今年も5日(同6日)に行われたツインズとの地区シリーズ第2戦で5回3安打1失点7奪三振と好投し、勝利投手となっていた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ