【MLB 優勝決定S】田中将大、“最強対決”で第1戦先発の大役 初回は10球で3者凡退の好スタート

10月13日(日)9時22分 フルカウント

ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発、107勝のアストロズと対戦

■アストロズ – ヤンキース(優勝決定シリーズ・日本時間13日・ヒューストン)

 ヤンキースの田中将大投手は12日(日本時間13日)、敵地で行われているアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発。初回は3者凡退に抑えた。

 レギュラーシーズン107勝のアストロズと103勝のヤンキースの“最強対決”。初回のヤンキースの攻撃は、“三本柱”の一人のグリンキーの前に3者凡退に終わった。重要な初戦のマウンドを託された田中はその裏、先頭スプリンガーに直球を弾き返されたものの、シフトでセカンドベース後方を守っていたトーレスがさばいてニゴロ。ブラントリーはスプリットで二ゴロに仕留めると、バランスを崩したトレースが何とか送球してアウト、アルトゥーベはスライダーで一飛に仕留め、10球で3者凡退に仕留める上々のスタートとなった。

 田中はポストシーズン6試合で4勝2敗、防御率1.54、被打率.164という通算成績を誇る。5試合以上に登板した投手の中では、防御率は史上5位、被打率は史上1位と勝負強さは絶大。今年も、5日(同6日)に行われたツインズとの地区シリーズ第2戦で5回3安打1失点7奪三振と好投し、勝利投手となっていた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ