中日白井オーナーのゲレーロ再契約?発言に代表補足

10月13日(金)21時16分 日刊スポーツ

白井オーナー(右)にシーズン終了の報告を行った中日森監督(撮影・宮崎えり子)

写真を拡大


 中日森繁和監督(62)が13日、名古屋市内で白井文吾オーナー(89)にシーズン終了の報告を行った。
 矢野球団社長、西山球団代表を交えて約2時間10分、意見交換した。
 森監督は「今シーズンの報告と(借金20で5位に終わり)おわびの言葉、反省。来シーズンに向けて、間近に迫ったドラフト会議と補強の話など全部話していたら2時間がたっていた。参考にするお話がありました」と話した。
 報告の中では外国人先発投手やゲレーロの去就の話にも至ったという。白井オーナーは「ゲレーロは残ることになっているようだな。彼は名古屋が非常に気に入っていると。愛着が強い」と再契約をにおわせた。
 しかし、西山球団代表が「残って欲しいというのが現状。『残りたいの?』と聞けば『残りたい』と言っている。残ることが決まったという状況ではない。あとは交渉ごと。合意したわけではない」と、オーナー発言と現状の違いを説明した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中日をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ