御嶽海「三役で来られて良かった」地元長野で秋巡業

10月13日(金)19時29分 日刊スポーツ

子どもとの稽古中にファンのカメラを借りて自撮りをする御嶽海

 大相撲の秋巡業が13日、長野市で行われ、ご当所力士の関脇御嶽海(24=出羽海)が会場に集まった6700人の地元ファンを沸かせた。

 5場所連続で勝ち越し中の御嶽海は、会場に姿を現す度に温かい拍手で迎えられた。「御嶽海」としこ名が書かれたタオルを持ったファンも多く、御嶽海の名前がアナウンスされると歓声を浴びた。地元からの熱烈な歓迎ぶりに「三役で帰って来られて良かったですね」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 その熱烈ぶりに応えるように、会場を盛り上げた。子どもとの稽古中にファンからカメラを借りて、一緒に参加した平幕の琴奨菊、阿武咲、正代らに加えて、土俵に上がっていた子どもたちと自撮りをして笑いを誘った。「思い出に残せたらなと思って」というファンサービス。取組では大関豪栄道をつり出しで破り、この日一番の大歓声を浴びて「(自分が)1番人気じゃないですかね」と自画自賛した。

 九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)で、三役に昇進してから丸1年を迎える。大関、横綱を目指す御嶽海は「九州は足を運びにくいかもしれないけど、旅行の一環でもいいので相撲を見に来てもらいたい」と、福岡でも地元ファンからの熱い声援を期待した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

御嶽海をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ