巨人村田修一が自由契約、鹿取GM若返りへ苦渋決断

10月13日(金)16時47分 日刊スポーツ

村田修一

写真を拡大


 巨人は13日、村田修一内野手(36)を自由契約にすると発表した。今後は新天地でのプレーを目指していくことが濃厚になった。
 村田は11年オフにFAで横浜(現DeNA)から巨人入り。移籍初年度の12年に第76代4番打者を務め、13年秋には選手会長にも就任した。今季は118試合に出場して打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。前半戦は代打出場が大半だったため、規定打席には到達しなかった。
 今季は通算350本塁打や、1年目から15年連続となる2桁本塁打などを達成。来季は、残り135に迫った通算2000安打の達成がかかっている。
 鹿取GMは「まだ十分な戦力となる選手ですが、チームの若返りを図るために苦渋の決断をしました。FAでは補償が発生する。自由契約の方が選択肢が広がる。これだけの貢献をしてくれた選手に、せめてもの誠意です」と説明した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

巨人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ