仙台MF奥埜「しっかりと準備」川崎F戦雪辱に意欲

10月13日(金)18時59分 日刊スポーツ

紅白戦で主力組のボランチに入る仙台MF奥埜(撮影・秋吉裕介)

写真を拡大


 J1ベガルタ仙台は14日、アウェーで川崎フロンターレと対戦する。MF奥埜博亮(28)が、リベンジに意欲を見せた。チームは8日、敵地でのルヴァン杯準決勝第2戦で、川崎Fに1−3と敗北。1勝1敗ながら、2戦合計得点が4−5となり、クラブ初の同杯決勝進出を逃している。
 前回は後半に数的有利になるも、そのチャンスを生かし切ることができなかった。「最後の最後で1点をこっちが取れなかった。最後の精度もそうですし、緊迫した試合の中で、焦りも影響した」と語った。自身は足がつった影響もあり、1点を追う終盤に途中交代。前のめりになっていたチームは、攻守の要となるダブルボランチの一角を欠くと、試合終了間際にカウンターで痛恨の3失点目を喫した。雪辱に向け、「90分出て、活躍してチームに貢献する。またアウェーですけど、しっかりと準備をして勝てるようにしたい」と誓った。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

川崎をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ