日本ハム大野が手術「早く治していいプレーを」

10月13日(金)12時53分 日刊スポーツ

日本ハム大野奨太(17年6月撮影)

写真を拡大


 日本ハムは13日、大野奨太捕手(30)が16日に札幌市内の病院で内視鏡による「右肘関節内遊離体除去術」を受けることを発表した。
 今季は83試合に出場。9月に右肘の張りにより一時出場選手登録を抹消されていた。1軍に同行しながら調整したが復帰後の先発は3試合だった。球団を通じ「早い段階で手術することができるので、万全な体で来シーズンを迎えられると思います。早く治して、いいプレーをお見せできるように頑張ります」とコメントした。大野は海外FA権を取得している。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本ハムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ