鈴木愛が首位発進「イメージが良くなった」パット◎

10月13日(金)19時16分 日刊スポーツ

17番でバーディーを奪い笑顔を見せる鈴木(撮影・小沢裕)

写真を拡大


<女子ゴルフ:富士通レディース>◇第1日◇13日◇千葉・東急セブンハンドレッドC(6662ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

 賞金ランキング2位の鈴木愛(23=セールスフォース)が後半のバーディーラッシュで、5アンダーの首位でスタートを切った。
 朝からの降雨と風でショットが安定しなかったものの、得意のパッティングでカバー。前半の9番で9メートル近いパットを沈め「パターのイメージが良くなった」と、後半14番で5メートル、15番では13メートルと長い距離のパットをねじこみ、17番まで4連続バーディーを奪取。「本当にパットに助けられた」と笑みをこぼした。
 この日は、今季11度目となる賞金ランク1位キム・ハヌル(28=韓国)とのラウンド。「アプローチが寄らなくてもパーパットを入れたり、粘り強いプレーをする。良いプレーをみせてもらいました」と口にした。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

鈴木愛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ