阪神梅野が巨人打線警戒「メインの1番から5番」

10月13日(日)5時0分 日刊スポーツ

阪神梅野隆太郎(2019年10月11日撮影)

写真を拡大


阪神梅野隆太郎捕手が巨人打線に警戒を強めた。「バッティングの状態がいいバッターが誰かが見えてきたら、どう攻めていかないといけないかとか、急ぐところじゃないとか、そういうところをやっていかないといけない」。
さらに「打順の巡り合わせとか。メインとなる1番から5番」とポイントを挙げていた。

日刊スポーツ

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ