ヤクルト山田大樹「すごい番号」金田氏訃報で再確認

10月13日(日)8時0分 日刊スポーツ

ヤクルト山田大樹(2019年9月11日撮影)

写真を拡大


ヤクルト左腕山田大樹投手が背番号の重みを再確認した。「34」は、ソフトバンク時代に王球団会長から「左腕といえば34番」と、6日に亡くなった金田正一氏にちなんで決まった経緯がある。
トレードでヤクルト加入後も同じ番号を背負い続け、移籍2年目の今季は11試合に先発し5勝をマーク。シーズン後半は先発ローテを守った。訃報を受け、「驚きました。改めて、すごい番号をつけさせてもらっているんだなと思った。自分も、もっと頑張らないと」と口元を引き締めた。

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ