【清水vs磐田プレビュー】リーグの前回対戦は磐田が3−1で快勝…清水は鄭大世とチアゴ・アウベスの2トップが復活

10月13日(金)19時2分 サッカーキング

磐田の名波浩監督は現役時代から“静岡ダービー”を経験。今季はリーグ戦とルヴァン杯の2試合でチームを勝利に導いている [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

■清水エスパルス 負傷離脱していた犬飼智也、増田誓志、河井陽介らは復帰できる状況に

【プラス材料】
 リーグ戦は2試合連続の3失点の後、前節の大宮戦を我慢強く戦って無失点で終えたことはプラス要素。鄭大世とチアゴ・アウベスの2トップが復活し、下位の中では得点力があるチームだけに、失点さえ減らすことができれば勝ち点につながるはずと、チーム全体でさらなる守備の修正に励んでいる。

 そのなかで、攻撃陣に一発のある選手がいることもプラス要素だ。けがで離脱していた犬飼智也、増田誓志、河井陽介らも実戦復帰できる状況になっており、戦力も以前より充実。それに伴ってチーム内の競争が激化し、練習でも緊張感やプレーレベルが上がっている。

 残留争いのプレッシャーは増してきたが、この時期に“静岡ダービー”というおのずと気持ちの入るゲームをホームで迎えることは、選手たちもポジティブに捉えている。ここで勝って勢いに乗りたいという意欲は非常に強い。

【マイナス材料】
 リーグ戦はここ3試合勝利がなく、16位の甲府に勝ち点2差まで迫られて、残留争いに本格的に巻き込まれる状況になってきた。そのプレッシャーが選手たちの硬さを招くようであれば、大きなマイナス材料となるだろう。今回は“静岡ダービー”ということで自然にテンションが上がるゲームだが、場合によってはそれが過緊張につながる場合もある。

 また、磐田は得点の半分以上をリスタートから決めており、逆に清水は最近リスタートからの失点が目立ち、第5節の前回対戦でもセットプレーから2点取られて1−3で敗れている。セットプレーの守備は一朝一夕で急に良くなるものではないので、そこは最大の不安要素と言える。今の清水の戦い方と磐田の守備力を考えれば、打ち合いの展開になる可能性は低く、清水にとってはかなり辛抱強く戦うことが求められる。

文:totoONE編集部

■ジュビロ磐田 清水には今季、リーグ戦とルヴァン杯で2戦2勝

【プラス材料】
 リーグ前節のFC東京戦は6試合ぶりに無失点で抑えた。守備の要の大井健太郎が負傷欠場するなか、全体が高い守備意識を持ち続けてつかんだ勝ち点1は大きな意味を持つ。

 2週間の中断期間も奏功し、大井は順調な回復ぶりを見せた。11日の全体練習で完全合流。12日の紅白戦も精力的にプレーし、出場に支障はなさそうだ。精神的な支柱でもあるディフェンスリーダーの復活は心強い。FC東京戦で約半年ぶりに4バックを試したが、今節は慣れ親しんだ3バックを採用する見通し。連係向上は確実で攻守両面で前節からの改善が望める。

 清水には今季、4月のリーグ戦と5月のルヴァン杯で2戦2勝。2試合合計で7得点を奪っている。互いの意地がぶつかり合う“静岡ダービー”への機運の高まりもあり、選手たちの年間3勝目へのモチベーションは高い。

【マイナス材料】
 FC東京戦は攻撃に迫力を欠いた。効果的な組み立てができず、シュートは6本のみ。スコアレスドローに終わった。この2週間でどれだけ改善できたかに注目だ。

 足を痛めている川又堅碁の状態が気にかかる。前節は痛みがひどく、スプリント回数が66分間で10回止まり。前線の起点ができず、攻撃の停滞を招いた一因だった。FC東京戦後の1週間は全体練習を回避し、別メニュー調整。週明けから全体練習に参加したが、懸念材料であることに変わりはない。

 ドイツから戻ってきた山田大記は前節、古巣復帰後初めて先発したが、見せ場なく後半12分にピッチを退いた。チームへの順応はいまだに課題だ。

 敵地ではリーグ戦で2003年以来、白星なし。通算でもリーグのアウェイ時のダービーは7勝4分10敗と負け越す。勝ち点3をつかむためには、鬼門突破も大きな関門になりそうだ。

文:totoONE編集部

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

鄭大世をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ