【門別競馬・報知新聞社杯エーデルワイス賞】道営馬ストロングハート、交流重賞初制覇!

10月13日(金)7時2分 スポーツ報知


◆第20回報知新聞社杯エーデルワイス賞・交流G3(12日・門別競馬場、ダート1200メートル・不良)

 2歳牝馬による交流G3・第20回報知新聞社杯エーデルワイス賞は12日、門別競馬場のダート1200メートル(不良)でJRA4頭を含む16頭によって争われた。2番人気のストロングハート(父サウスヴィグラス)が好位から抜け出して、交流重賞初制覇を果たした。2着は4番人気のグラヴィオーラ、3着は10番人気のリコーデリンジャーと5着までを北海道勢が占め、JRA勢は6着のラインギャラントが最先着。1番人気のシャインカメリアは11着に終わった。

 ◆ストロングハート 父サウスヴィグラス、母ファーストレディ(父スマートボーイ)。ホッカイドウ・角川秀樹厩舎所属の牝2歳。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産。通算5戦3勝。総収得賞金は2475万円。主な勝ち鞍はリリーC(17年)。馬主は(有)グランド牧場。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

交流をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ