福原愛、台湾で第1子女児を出産!2995グラム、母子ともに健康

10月13日(金)14時16分 スポーツ報知

福原愛と江宏傑

写真を拡大


 卓球のリオデジャネイロ五輪女子団体銅メダルの福原愛(28)=ANA=が13日、台湾南部の高雄市の病院で女児を出産した。台湾の蘋果日報(電子版)が報じた。

 報道によると、女児の体重は2995グラムで母子ともに健康。11日に陣痛が始まり、卓球・台湾代表の江宏傑(28)とともに病院に行ったという。江は「病室で既に母乳による授乳を始めた」と語った。

 福原は昨年9月に江と結婚し、今年1月に台北で披露宴を行った。6月28日に自身のブログで第1子妊娠を発表。出産に備え、7月から台湾南部に住んでいた。

 最近は今月7日にブログを更新し、「台湾はまだまだ暑く、ノースリーブを着ると肩が焼ける暑さです 皆さまはいかがお過ごしでしょうか?私は納豆をおうちで作ったり、ドリアンを買いに行ったり、最近だとミシンで色々なポーチを作っています」「日本に帰国した際には、青森のほたてや仙台の牛タン、ずんだ餅などを食べてパワーをつけました」と近況を報告。「まだまだ気温が高い台湾ですが、暑さに負けないように頑張りたいと思います」とつづっていた。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

福原愛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ