小平奈緒、仕上がりOK…タイムトライアルで国内新迫る

10月13日(金)7時1分 スポーツ報知


 スピードスケート女子短距離のエース・小平奈緒(31)=相沢病院=が12日、長野市エムウエーブで行われたタイムトライアルに参加し、500メートルで37秒47をマークした。小平は「滑りに関しては10月のトライアルで見極めたい」と状態の確認をテーマに掲げていたが、最初の100メートルを自己最速まで0秒04差の10秒35とスタートから加速。自身が昨季出した37秒39の国内最高に迫り、“リンク新”相当の好記録となった。

 20日から平昌五輪シーズン初戦となる全日本距離別選手権が行われるエムウエーブのリンク記録は、五輪2連覇中でライバルの李相花(韓国)が12年12月9日のW杯で残した37秒60。非公認のタイムトライアルとはいえ、0秒13上回った。

 平昌五輪で金メダルが本命視される同種目で順調な仕上がりだが、結城匡啓コーチ(52)は「ここに(調子を)合わせてない。距離別で頑張ります」と淡々。タイムトライアルは3日間行われ、小平は13日にも500メートルと1000メートルに出場する。(林 直史)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

小平奈緒をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ