【日本ハム】大野が16日に右肘内視鏡手術「早く治して、いいプレーをお見せしたい」

10月13日(金)14時5分 スポーツ報知

12日、屋内練習場で調整した大野

写真を拡大


 日本ハムは13日、大野奨太捕手(30)が16日に札幌市内の病院で内視鏡による「右肘関節内遊離体除去術」を受けると発表した。

 大野は今季、患部の張りもあり83試合の出場にとどまった。球団を通じて「早い段階で手術することができるので、万全な体で来シーズンを迎えられると思います。早く治して、いいプレーをお見せできるように頑張ります」とコメント。今オフはFA権を行使するか注目を集めている。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本ハムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ