種牡馬ザファクターを日本軽種馬協会が導入へ

10月13日(金)18時3分 スポーツ報知


 日本軽種馬協会は13日、米国産の種牡馬ザファクター(9歳)を導入すると発表した。2018年の1年のみのリース供用となる。

 ザファクターは父ウォーフロント、母グレイシャスネス(父ミスワキ)の血統で、現役時代は米国の名門、バファート厩舎から2010年にデビュー。3歳クラシックには距離適性を考慮して進まなかったが、8月にデルマーのオールウェザートラックの7ハロン戦、パットオブライエンSでG1初制覇すると、12月のマリブS・G1(サンタアニタ競馬場・ダート7ハロン)も優勝。4歳で現役を引退するまでの通算成績は13戦6勝(重賞5勝)。13年から米国レーンズエンドファームで種牡馬入りし、翌14年からはオーストラリアでシャトル供用されている。

 初年度産駒は現3歳で、2歳米G1シャンデリアS(ダート6ハロン)を制したノーテッドアンドクオーテッド、イリノイダービー・米G3の覇者、マルティプライヤーなど重賞勝ち馬を輩出。日本には3歳世代で3頭が輸入され、ズアー、ライバーバードがJRAで勝利を挙げている。

 ザファクターは現在、オーストラリアのニューゲートスタッドにけい養されており、来年1月上旬に輸入される予定。世界各国で多くのG1ウィナーを出したウォーフロントの直子では、日本で種牡馬として初めて導入されるだけに、来年の種付けシーズンは大きな注目を集めそうだ。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ