【DeNA】ラミ監督、初戦に井納抜てき!CS男に白羽の矢「実績がある」

10月13日(金)7時2分 スポーツ報知

甲子園球場で行われた練習でキャッチボールを行う井納(カメラ・石田 順平)

写真を拡大


 DeNA・井納翔一投手(31)が12日、2年連続のCS第1ステージ(S)開幕投手(14日、阪神戦)に急浮上した。ラミレス監督は、昨季2戦2勝のCS男に白羽の矢を立てた模様だ。

 井納は昨季、レギュラーシーズン7勝(11敗)ながら巨人とのCS第1S(東京D)の開幕投手に抜てき。7回2失点で白星を挙げた。中5日で登板した広島とのCS最終S第3戦(マツダ)でも7回無失点で勝利投手に。チームの最終S唯一となる白星をマークした。今季もシーズンは6勝(10敗)止まりだが、指揮官は「去年から、ここぞという試合でいい投球をしている実績があることは頭に入れておかないといけない」と話していた。

 井納は甲子園での先発投手練習に参加。短期決戦に向けた自身の状態を聞かれ「状態は気持ちの問題です」と話して球場を後にした。阪神戦は今季7試合で1勝4敗、防御率4・19も、大一番で別人のような投球を見せる“ハマの宇宙人”に初戦を託す可能性が高い。その場合、2戦目は甲子園で今季3戦3勝の今永が、3戦目は同2戦2勝のウィーランドが先発することが濃厚だ。(片岡 泰彦)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

CSをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ