400勝投手・金田さんの告別式 王さんらが別れを惜しむ

10月13日(日)13時14分 スポーツ報知

金田正一さん

写真を拡大


 急性胆管炎による敗血症で今月6日に86歳で亡くなったプロ野球歴代最多の400勝を誇る、金田正一さんの葬儀・告別式が13日、東京都内で営まれた。親族やソフトバンク・王貞治球団会長、プロ野球最多安打記録を持つ張本勲氏、巨人元監督の堀内恒夫氏ら約210人が訪れ、故人との別れを惜しんだ。

 正一さんの長男・賢一さん(58)によると、「わしの弔辞は兆治で」という故人の生前の意向で、通算215勝を挙げた村田兆治氏が弔辞を務めた。賢一さんは「温かい村田さんの言葉をいただきました」と振り返った。

 戒名はなく、賢一さんは「今も先も金田正一。ずっとずっと。あの世に行っても『俺が教祖だ』と言いそうだし」と冗談交じりに明かした。

 葬儀・告別式は家族葬として営まれ、後日「お別れの会」が行われる予定。

スポーツ報知

「金田正一」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「金田正一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ