東洋大・飯田 トルネード投法で初完封 ハムスカウト「センスある」

10月13日(金)7時8分 スポーツニッポン

<東洋大・国学院大>6安打7奪三振でリーグ戦初完封の東洋大・飯田

写真を拡大

 ◇東都大学野球第6週最終日 東洋大9—0国学院大(2017年10月12日 神宮)

 東洋大が国学院大との3回戦に快勝し、勝ち点を3とした。プロ志望届を提出した飯田晴海投手(4年)が6安打7奪三振でリーグ戦初完封。24日からの最終週、勝ち点3同士の亜大との直接対決に春秋連覇を懸ける。

 なりふり構わず勝ちにいった。飯田はフォームを変え、変化球の封印を解いて完封し「この一戦に懸けていた」と汗を拭った。今季登板した6試合中5試合でイニング途中に降板。「何とかしなければ」と焦った。転機は試合前。投球練習で高橋昭雄監督から「トルネードでやれ」と命じられた。テークバックで「間」をつくることで、打者のタイミングを外して連打を許さなかった。封印していたチェンジアップも駆使。空振り三振を奪うなど7奪三振で「(2年春に手術した)肩が良くなってきた。手応えはあった」と胸を張った。

 日本ハム・今成泰章スカウトは「自滅しないしセンスがある」と評した。優勝を懸けた亜大戦は24日から。26日ドラフト会議の直前だ。春秋連覇を果たして運命の日を迎える。 (松井 いつき)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東洋大をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ