巨人 村田 自由契約に鹿取GM「チームが若返りを図るため 苦渋の選択」

10月13日(金)17時18分 スポーツニッポン

巨人・村田修一内野手

写真を拡大

 巨人は13日、村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。

 この日、村田は都内のホテルで鹿取GMと面談。報道陣の取材に応じた鹿取GMは「自由契約になりました。自由契約の方が彼の選択肢が広がると思った。チームが若返りを図るために、こういうことになりました。貢献してもらって感謝しています苦渋の決断だった」と説明した。

 村田は02年ドラフト自由枠で横浜に入団し、12年に巨人にフリーエージェント移籍。今季は118試合に出場し、打率・262、14本塁打、58打点をマークした。通算の出場試合数は1953試合で、2000試合出場まであと「47」、通算2000安打まで、あと135安打。また、通算本塁打はここまで360本で、節目の400号まであと「40」本としている。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

契約をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ