左肘違和感の楽天・松井裕 CS間に合った「問題ない」

10月13日(金)7時8分 スポーツニッポン

シート打撃に登板する松井裕

写真を拡大

 ◇パ・リーグCSファーストS第1戦 楽天—西武(2017年10月14日 メットライフドーム)

 CS間に合った。左肘の違和感で戦列を離れていた楽天・松井裕が12日、Koboパーク宮城で行われたシート打撃に登板。実戦は1日のロッテ戦以来、11日ぶりとなったが、打者4人に変化球も交えて20球を投げ、無安打1四球。

 「90%の力で投げた。抜ける球はあったけど、痛みはなかった。問題ない」と笑顔で語った。

 見届けた梨田監督も「球の強さは十分。明日(13日)問題がなければ、明後日(14日)に出場選手登録する」とゴーサインを出した。松井裕の離脱中、抑えを担った福山を本職のセットアッパーに戻し、背番号1にクローザーを任せる。今季33セーブ、防御率1・20の絶対的守護神の復帰で臨戦態勢は整った。 (黒野 有仁)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

楽天をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ