侍稲葉監督が電撃デビュー采配、日本ハム2戦を指揮

10月14日(土)4時49分 日刊スポーツ

7月、「侍ジャパン」監督就任会見でガッツポーズする稲葉監督

写真を拡大


 侍ジャパンの稲葉監督が、宮崎で開催中のフェニックスリーグに電撃参戦することが13日、分かった。
 25日の広島対日本ハム戦(天福)と26日の日本ハム対四国アイランドリーグplus選抜戦(アイビー)の2試合で、日本ハムの指揮官として臨む。金子ヘッドコーチ兼打撃コーチと建山投手コーチもベンチ入り。3人は侍ジャパンのユニホームを着用する予定だ。その他のコーチ陣は参加しないが、ベンチワークを実戦の中で経験し、連携を深める狙いがある。
 11月に開催の初陣「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」へ向けて、スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)として籍を置く日本ハムの全面協力を受ける形だ。同リーグで自身初となる監督としてプレデビューし、少しでも不安要素を取り除いて、本番を迎えることになりそうだ。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本ハムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ