バルサ指揮官、アルゼンチン救ったメッシを称賛「世界一であると日々証明」

10月14日(土)6時36分 サッカーキング

アルゼンチン代表をW杯出場へ導いたメッシ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに賛辞を贈った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 バルセロナは14日、リーガ・エスパニョーラ第8節でアトレティコ・マドリードと対戦。アウェイゲームを翌日に控え、バルベルデ監督が記者会見に臨んだ。

 バルベルデ監督はアトレティコ・マドリードについて「非常に強固な守備を誇る、戦いにくいチーム」と語り、「我々の目標は、相手にほとんどチャンスを与えないことだ」と試合を展望した。

 そして、アトレティコ・マドリードの新本拠地であるワンダ・メトロポリターノで初めて臨む一戦に向けて「素晴らしい雰囲気だろう。フットボールはショーであり、我々は見に来る人たちを楽しませたいのだからね」とコメントした。

 そして同監督は、10日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選最終節のエクアドル戦でハットトリックを達成し、アルゼンチン代表を本戦出場へ導いたメッシを称賛。「あらゆる彼の長所の中で、私はその競争力の高さと日々、世界一であることを証明していることを挙げたい」と語っている。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アルゼンチンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ