【巨人】由伸監督、オーナー報告で強化指定!岡本、山本、吉川尚、重信、宇佐見

10月14日(土)6時0分 スポーツ報知

オーナー報告を行った巨人・高橋由伸監督

写真を拡大


 巨人・高橋由伸監督(42)が13日、東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、老川祥一オーナー、読売グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆らにシーズン終了の報告を行った。指揮官は「自前で若い選手を育てることが一番大きな課題」と話し、若手の底上げを来季最大のテーマとすることを本社首脳陣と確認。中でも宇佐見真吾捕手(24)、岡本和真(21)、吉川尚輝(22)、山本泰寛(24)各内野手、重信慎之介外野手(24)といったホープに期待を寄せた。

 由伸監督は本社首脳陣と思いを共有した。Bクラスに終わった今季の成績を老川オーナーらに謝罪。続けて、17年の反省を踏まえ、来季へ向けて意思表示した。

 由伸監督「若手の底上げは今までも考えてきたが、結果として出てないのも事実。もっと改善できるところはして(若手の台頭に)つなげられるよう、やっていくことを考えます、という話をしました」

 今季は多くのチャンスがありながら、定位置をつかむ若手野手は出なかった。5〜6月の13連敗からベテラン中心の布陣で巻き返したが、9月に再び失速。若い力の必要性を痛感した1年でもあった。シーズン報告ではオフの補強の話題もあったというが、指揮官は若手の底上げこそ最優先課題と強調した。

 由伸監督「それ(補強)より、自前で若い選手を育てることの方がチームとしては一番大きな課題ではないか、という話はしました。現場も球団も(若手強化が)ここ数年の課題というのは共通の認識だと思います」

 4位確定後、3日のヤクルトとの今季最終戦(神宮)では宇佐見、岡本、吉川尚、重信、山本が若々しく躍動し、10得点をたたき出した。同戦で活躍したホープの名前は、この日の会談でも挙がったという。

 由伸監督「我々も現時点では(最終戦に出た)彼らが期待できる若手じゃないかと思っている。期待をしているからこそ、ああいうオーダーを組んだ」

 巨人はこの日、正三塁手の村田に来季構想外を通告。若返りへかじを切った。その三塁には岡本、空白の二塁には山本、吉川尚、捕手には宇佐見、外野には重信とレギュラー候補は多い。彼らが阿部、マギー、亀井、長野らから定位置を奪い取るような成長を遂げれば、チーム力は高まる。老川オーナーも指揮官に同調しつつ、期待を口にした。

 老川オーナー「この1年、若い人たちも経験を積んだわけだから、その考え(若手の強化)を中心にチームを編成して、優勝目指して頑張っていきましょう、ということです」

 11月の宮崎秋季キャンプでは1日1500スイングの猛練習を課す構想。若手の底上げに心血を注ぐ一方、由伸監督は「ただ、勝負の世界だから勝たないと。負けてもいいからというわけにはいかない」と結んだ。未来あるチーム作りへ、強い意志で3年契約最終年に挑む。(宮脇 央介)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

巨人をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ