DeNA完封負けから一転打線爆発 猛打賞4人、21安打13点でファイナル進出逆王手

10月15日(日)19時40分 フルカウント

阪神に逆転勝利、勝負の行方は第3戦へ

 DeNAが15日、甲子園で行われた阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦を13-6で制して、ファイナルステージ進出に逆王手をかけた。悪天候で試合開始が遅れた一戦で、前日完封負けを喫していた打線が爆発。21安打で13点を奪い、1勝1敗のタイに戻した。

 序盤は主導権を握られた。先発の今永が2回に3本のヒットを浴びて2失点。直後の3回にロペスの2点タイムリーで追いついたが、その裏、大山のソロ弾で再び勝ち越された。

 しかし5回にロペスの犠飛で同点とすると、宮崎の勝ち越しタイムリーで逆転に成功。6回に梅野のスクイズで4-4と追いつかれたが、7回に筒香が勝ち越しタイムリーを放つと、乙坂が逆方向の左翼ポール際に飛び込む3ランを放って突き放した。さらに倉本のタイムリー、桑原の犠飛で2点を加えてこの回一挙6得点。その裏に2点を返されたが、9回にも追加点を奪って勝利した。

 第1戦では4安打で完封負けを喫していたが、この日は一転、打線が爆発したDeNA。ロペスが3安打3打点、筒香が4安打2打点、梶谷が3安打1打点、倉本も3安打2打点と4打者が猛打賞の活躍。乙坂も貴重な一発で貢献した。16日の第3戦ではCSファイナルステージ進出をつかめるか。(Full-Count編集部)

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

DeNAをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ