名古屋が打ち合い制し4連勝…湘南のJ1昇格決定は次節以降に持ち越し

10月15日(日)15時59分 サッカーキング

名古屋が首位の湘南を下した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

写真を拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第37節が15日に行われ、名古屋グランパスと湘南ベルマーレが対戦した。

 ホームの名古屋は前節からのスタメン変更はなし。GKは4試合連続で武田洋平、玉田圭司とガブリエル・シャビエルの2トップで臨む。勝利した上で他会場の結果によっては今節にもJ1昇格が決定する湘南。大宮アルディージャから加入したドラガン・ムルジャが移籍後初スタメンを飾っている。
 
 開始4分、玉田圭司が左サイドを突破。グラウンダーのクロスをガブリエル・シャビエルがダイレクトで合わせ、ゴールに流し込む。ホームの名古屋が立ち上がりに先制した。27分、秋野央樹のクロスを山田直輝が胸でそらすと、菊地俊介が鋭いシュートを突き刺す。さらに40分、石川俊輝のパスを受けた菊地が再びゴールネットを揺らす。前半は湘南の1点リードで後半へ。
 
 追いかける名古屋は後半開始から佐藤寿人を下げてシモビッチを投入する。すると50分、和泉竜司のクロスをシモビッチが胸で受けると、左足でボレーシュートを叩き込み同点に追いつく。続く54分には絶好の位置でセットプレーを獲得すると、ガブリエル・シャビエルが相手の意表を突くパスを田口泰士へ送る。田口のミドルシュートをゴール前の玉田がヒールで流し込みゴールイン。名古屋が再びリードを奪う。

 試合は3−2で終了。名古屋は4連勝を達成。湘南は第24節モンテディオ山形戦以来の黒星となり、今節でのJ1昇格はおあずけとなった。

 次節、名古屋はアウェイでV・ファーレン長崎と、湘南はホームで愛媛FCと対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 3−2 湘南ベルマーレ

【得点者】
1−0 4分 ガブリエル・シャビエル(名古屋)
1−1 27分 菊地俊介(湘南)
1−2 40分 菊地俊介(湘南)
2−2 50分 シモビッチ(名古屋)
3−2 54分 玉田圭司(名古屋)

サッカーキング

「名古屋」をもっと詳しく

「名古屋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ