29年ぶりの平壌開催…北朝鮮と韓国の歴史的一戦はスコアレスドロー

10月15日(火)20時31分 サッカーキング

韓国と北朝鮮の一戦はスコアレスドローで終了した [写真]=Korea Football Association via Getty Images

写真を拡大

 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が15日に行われ、北朝鮮代表と韓国代表が対戦した。

 韓国代表が北朝鮮の平壌で試合をするのは1990年10月に行われた親善試合以来、実に29年ぶりとのこと。韓国のスターティングメンバーには、元ガンバ大阪のファン・ウィジョ(ボルドー)、ナ・サンホ(FC東京)らが名を連ねた。一方、北朝鮮は李栄直(東京ヴェルディ)が先発出場を果たした。

 試合は両チームとも得点を奪うことはできず、歴史的な一戦はスコアレスドローで終了した。試合の結果、グループHでは韓国と北朝鮮が勝ち点7で並んだが、得失点差で韓国が首位に立っている。

【スコア】
北朝鮮 0−0 韓国

サッカーキング

「北朝鮮」をもっと詳しく

「北朝鮮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ