ユヴェントス、開幕3戦全敗の昇格組とドロー 新加入キエーザがアシストも退場

10月18日(日)7時3分 サッカーキング

退場処分に納得のいかないキエーザ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セリエA第4節が17日に行われ、クロトーネとユヴェントスが対戦した。

 インターナショナルマッチウィーク明けとなった試合だが、ユヴェントスはクリスティアーノ・ロナウドとウェストン・マケニーが新型コロナウイルス陽性のため欠場。フィオレンティーナから10月5日に獲得したフェデリコ・キエーザをはじめ、デヤン・クルゼフスキ、ジャンルカ・フラボッタ、マノロ・ポルタノーヴァといった若いメンバーが多く先発起用となった。

 昇格組のクロトーネは開幕3連敗と苦しいスタートとなったが、この試合では先制に成功する。11分、ペナルティエリア内でアルカディウシュ・レツァがレオナルド・ボヌッチに倒されてPKを獲得し、シミーが冷静に決めた。

 ユヴェントスは21分、ゴールキックをアルバロ・モラタが前線で収め、クルゼフスキに渡すと右サイドを駆け上がったキエーザにスルーパス。ダイレクトのクロスをモラタが押し込んで、同点とした。モラタはユヴェントス復帰後、初ゴールとなった。

 その後、勝ち越し点が奪えず、なかなかうまく試合を進められないユヴェントスにトラブル。後半に入っての60分、キエーザがルカ・チガリーニに対してイーブンのボールをキープしようとして足裏を見せての危険なプレーをしたとして、退場処分を受けた。

 勝ち点の取りこぼしは許されないユヴェントスは直後の63分、フリーキックに合わせたモラタのヘディングシュートがポストに嫌われ、劣勢が続く中での73分にもモラタがネットを揺らしたがVARにより、オフサイドが確認されてノーゴールとなった。

 試合はそのまま1−1で終了し、クロトーネは今シーズン初の勝ち点獲得で連敗を3でストップ。ユヴェントスは今シーズン2度目のドローとなり、20日のチャンピオンズリーグ第1節、アウェーのディナモ・キエフ戦へ向かうこととなった。

【スコア】
クロトーネ 1−1 ユヴェントス

【得点者】
1−0 12分 シミー(PK/クロトーネ)
1−1 21分 アルバロ・モラタ(ユヴェントス)

サッカーキング

「ユヴェントス」をもっと詳しく

「ユヴェントス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ