バルセロナ、1点が遠く直前敗戦のレアルに“お付き合い”で初黒星 次節はエル・クラシコ

10月18日(日)8時10分 サッカーキング

この試合、唯一の得点となったフェのPK [写真]=Getty Images

写真を拡大

 リーガ・エスパニョーラ第6節が17日に行われ、フェ(ヘタフェ)とバルセロナが対戦した。

 ヘタフェは信仰心を意味する「Fe」の部分だけを残したチーム名とし、新型コロナウイルス拡大の中でも信仰心を忘れない、というキャンペーンのため、1試合限定で「フェ」として試合に臨んだ。一方のバルセロナはセルジーニョ・デスト、ペドリ、ウスマン・デンベレがスタメンで起用となった。

 バルセロナは20分、リオネル・メッシのパスをペナルティエリアやや外の中央で受けたペドリが鋭い反転から左のデストに展開し、最後はマイナスパスを受けたメッシがシュートを放つが、左ポストをヒット。30分にもペドリのスルーパスからアントワーヌ・グリーズマンがGKと1対1となったが、シュートは枠を大きく越えた。

 後半に入って56分、先制点を獲得したのはタイトな守備を展開するフェだった。ジェネがフレンキー・デ・ヨングに倒されてPKを獲得し、ハイメ・マタが決めた。

 バルセロナは失点直後、デンベレとペドリを下げてアンス・ファティとフィリペ・コウチーニョ、80分にはグリーズマンとデ・ヨングに代えてフランシスコ・トリンコンとマルティン・ブライトバイテ、87分にセルジ・ロベルトに代えてリキ・プッチを投入とカードを切っていくが、ゴールを割れず。フェもクチョ・エルナンデスが終盤に2度決定機を迎えたが決めることができなかった。

 試合は1−0で終了。「フェ」として臨んだ一戦でヘタフェが貴重な勝利をもぎ取った。バルセロナはロナルド・クーマン体制では初黒星。この日直前の試合でカディスに敗れたレアル・マドリードにお付き合いする形となった。20日にチャンピオンズリーグ第1節のフェレンツヴァーロシュ戦をホームで戦うと、24日にはそのレアル・マドリードとのエル・クラシコをカンプ・ノウで迎える。

【スコア】
フェ(ヘタフェ) 1−0 バルセロナ

【得点者】
56分 1−0 ハイメ・マタ(PK/フェ)

サッカーキング

「バルセロナ」をもっと詳しく

「バルセロナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ