モウリーニョ絶賛。ほろ苦デビューのCL史上最年少GKに「怪物だ」

10月19日(木)21時11分 フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、ベンフィカの若き守護神を「怪物だ」と称賛した。英メディア『スカイ・スポーツ』で語っている。

 ユナイテッドは18日、チャンピオンズリーグ(CL)でベンフィカと対戦した。この試合でベンフィカのゴールを守っていたのが、ミル・スビラーである。

 ベルギー人のスビラーは、この試合の時点で18歳52日。ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャスの記録を塗り替えてGKとしてのCL最年少出場を果たしている。

 0-1でベンフィカが敗れたこの試合、唯一のゴールはスビラーのミスで生まれた。ユナイテッドはタッチライン際からFWマーカス・ラッシュフォードがFKを入れると、直接枠に飛んできたボールをスビラーはバックステップを踏みながらキャッチ。自身の体とともに、ボールもラインを越えてしまった。

 それでも、モウリーニョ監督の評価は高い。試合後にポルトガル人指揮官は「怪物だね。彼は素晴らしいよ」とコメント。「トップレベルのGKだからこその失点だ。優れていないGKは、ラインにとどまっている。クロスボールに対して出てこない。試合を分析することをしない。スペースをカバーすることはしない。試合前から知っていたよ。このGKは怪物だとね」と絶賛した。

 ほろ苦デビューとなってしまったスビラー。モウリーニョ監督の評価どおり、これから世界的な守護神になっていくのだろうか。

フットボールチャンネル

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ