【横浜FMvsG大阪プレビュー】横浜FMはルヴァン杯の雪辱を果たせるか G大阪はジンクス打破を目論む

10月21日(金)20時30分 サッカーキング

■横浜F・マリノス 成長著しい若手中心の布陣で史上2クラブ目の大記録達成を狙う

 前節は甲府を4−0で一蹴したが、チャンピオンシップ出場は極めて厳しい。その後のルヴァンカップは準決勝で惜しくも敗退。ホーム最終戦の今節は、そのカップ戦で敗れたG大阪が相手で、リベンジマッチとなる。中断期間中はファン感謝イベントもあって、サポーターと笑顔で交流。リフレッシュして今節に臨む。ヴァンフォーレ甲府戦では齋藤学が2ゴール2アシストと大爆発した。背番号11は追加招集された日本代表のワールドカップアジア最終予選では出番がなかったが、その悔しさを忘れず再開するリーグ戦でも暴れてほしい。

 また、ルヴァン杯で多くの若手が試合経験を積めたことは大きい。ここ最近思い切りの良いドリブル突破で出場機会を増やしている前田直輝や、前節は久々の出場でいきなりゴールを奪った富樫敬真といった20代前半の若手たちが結果を出したことは明るい話題である。ただ、依然として台所事情は苦しい。1トップは伊藤翔が負傷中で、富樫が9試合ぶりに先発する見込み。中村俊輔も戦線離脱中で、センターバックでは栗原勇蔵がカップ戦で左ひざを痛めた。栗原の代役として入るパク・ジョンスたちサブメンバーは、チャンスでもある。

 前節の勝利で、J1通算400勝の節目まであと1勝と迫った。今節対戦するG大阪とは、ホームで5戦無敗と好相性なだけに、勝ち点3獲得に期待したい。(totoONE編集部)

■ガンバ大阪 ルヴァン杯決勝で見せた好パフォーマンスを披露できるか

 約3週間ぶりの再開となるJ1リーグ戦。G大阪は敵地に乗り込んでの一戦となる。このリーグ戦の中断期間中はルヴァン杯を戦い、横浜FMとの準決勝を制して3年連続となる決勝の舞台に進んだが、その決勝では浦和レッズを相手にPK戦の末に惜敗。『タイトル』を逃したが、先制点を奪えたことも含めて前半は内容的にも完璧とも言える試合を展開した。また、直近のリーグ戦で0−4と大敗を喫した浦和戦の屈辱を払拭できる戦いができたのはリーグ再開に向けて収穫だった。それをリーグ戦につなげた戦いを期待したい。

 リーグ戦では、第14節で浦和との上位対決に敗れたことで、ステージ優勝からやや遠ざかったが、可能性がなくなったわけではない。それを踏まえて選手たちは「自分たちは最後までベストを尽くして結果を出すしかない(井手口陽介)」という思いのもとで一つになっている。今節はルヴァン杯決勝でもゴールを決めたアデミウソンが出場停止で、かつパトリックもひざを痛めて離脱中と前線の選手層にはやや不安が残るが、浦和戦でPKを外したFW呉屋大翔は「ピッチで味わった悔しさはピッチで晴らすしかない」と気を吐く。そうした思いが結果につながる可能性は十分にあるだろう。ただし、横浜FM戦は先に戦ったルヴァン杯準決勝の2試合を含めて、直近5戦勝利なし。その嫌なジンクスを打ち破るべく、チームとしてのパフォーマンスを発揮できるかがカギとなりそうだ。(totoONE編集部)

サッカーキング

雪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ