元バルセロナユースの韓国代表MF、ベルギー移籍も不出場。その理由は?

10月22日(火)11時40分 フットボールチャンネル

 ベルギー1部のシント=トロイデンに所属する21歳の韓国代表FWイ・スンウが1試合も出場していない。その理由は練習態度にあると、21日に韓国紙『朝鮮日報』が報じている。

 同紙によると、イ・スンウがトレーニング中に不真面目な態度をとったことでロッカールームに送られる場面があったという。ピッチ外の問題が影響し、現在も試合に出場できない状態が続いているようだ。

 イ・スンウはかつてバルセロナの下部組織に所属し、“韓国のメッシ”とも呼ばれて将来を嘱望されていた。バルセロナBで1試合に出場したあと、2017年にはイタリアのヴェローナへ完全移籍。2017/18シーズンはセリエA、昨季はセリエB(2部)でプレーしている。

 韓国代表としても各年代の代表チームで活躍し、昨年のロシアワールドカップではチーム最年少ながらも背番号10を背負った。続いて昨年8月に行われたアジア大会2018にも出場し優勝に大きく貢献する活躍を見せている。今年の8月30日、ヴェローナからシント=トロイデンに移籍し背番号10を与えられた。大きな期待を寄せられているが、現在も不出場の状態が続いている。

フットボールチャンネル

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ