北朝鮮対韓国の問題受け…AFCカップ決勝の舞台が変更に。商業パートナーが問題提起

10月23日(水)11時20分 フットボールチャンネル

 アジアサッカー連盟(AFC)が22日、AFCカップ2019決勝の開催地を北朝鮮から中国に変更すると発表。

 当初、4.25体育団とアル・アヘドSCの決勝戦は11月2日に北朝鮮の平壌で開催する予定だった。しかし、10月15日に行われた北朝鮮代表対韓国代表の試合で、国際サッカー連盟(FIFA)主催の国際Aマッチとしては異例の生中継なしという事態になったことを受け、開催地を北朝鮮・平壌から中国・上海に変更されることになった。

 AFCの発表によると、商業的権利パートナーから問題提起を受けた後、コマーシャル、放送、メディア、アクセシビリティ、および物流の手配に影響を与える課題を慎重に検討した結果、中立的な会場で試合を行うことが妥当であるという判断に至ったようだ。

フットボールチャンネル

「北朝鮮」をもっと詳しく

「北朝鮮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ