U−19日本代表、大量5得点で3連勝! 準々決勝は開催国インドネシアと激突

10月25日(木)20時0分 サッカーキング

3連勝でGSを首位突破した日本代表 [写真]=佐藤博之

写真を拡大

 AFC U−19選手権インドネシア2018・グループステージ第3節が25日に行われ、U−19日本代表がU−19イラク代表を5−0で下した。

 日本は22日に行われたグループステージ第2節のタイ戦からスタメンを10名変更。大迫敬介、小林友希、荻原拓也、滝裕太の4名が今大会初出場を飾り、久保建英は初戦以来のスタメン出場を果たした。

 試合が動いたのは10分。ロングボールで裏へ抜け出した原大智の落としから、久保がドリブルでペナルティエリア内に侵入し、ゴール前へパスを送る。走り込んだ滝がヒールキックで流し込み、日本が先制に成功した。

 さらに27分、左サイドを突破した荻原のグラウンダークロスをニアで久保がスルーすると、フリーの田川亨介が右足で流し込み追加点。34分には、石原広教が前線へグラウンダーパスを送ると、田川のスルーから最後は原が右足を振り抜き、前半は日本の3点リードで折り返した。

 日本は、後半途中からシステムを3−4−2−1に変更。すると、77分には左サイドのCKからニアサイドに飛び込んだ原が頭で合わせ、リードを4点に広げる。さらに、85分には途中出場の斉藤光毅が3試合連発となるダメ押しゴールを挙げ、試合終了。

 すでにグループステージ首位通過を決めていた日本は、3連勝で決勝トーナメント進出となった。28日に行われる準々決勝では、開催国のU−19インドネシア代表と激突。勝利したチームが2019年にポーランドで開催されるU−20ワールドカップの出場権を手にする。

【スコア】
U−19日本代表 5−0 U−19イラク代表

【得点者】
1−0 10分 滝裕太(日本)
2−0 27分 田川亨介(日本)
3−0 34分 原大智(日本)
4−0 77分 原大智(日本)
5−0 85分 斉藤光毅(日本)

【スターティングメンバー】
U−19日本代表(4−4−2)
大迫敬介;石原広教、瀬古歩夢、小林友希、荻原拓也;久保建英(60分 菅原由勢)、藤本寛也(64分 齊藤未月)、山田康太、滝裕太;原大智、田川亨介(76分 斉藤光毅)

サッカーキング

「インド」をもっと詳しく

「インド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ