内部調査で発覚 某球団主力選手5人が裏カジノ出入りの情報

10月25日(日)16時0分 NEWSポストセブン

 日本シリーズ開幕を控えた21日、再び球界を震撼させる新事実が発覚した。巨人・福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していたとして球団から告発を受け、調査を行なっている日本野球機構(NPB)の調査委員会が、新たに巨人の笠原将生投手(24)と松本竜也投手(22)が関与していたことを発表した。


 また球界にとっては、野球賭博以外にも不都合な情報が出始めている。


「某球団の主力選手5人が、裏カジノに出入りしていることが球団の内部調査で発覚し、現在その対応に追われているといいます。店の防犯カメラに彼らの姿、それも顔がはっきりと判別できるくらい映っており、言い逃れができない状況だとか」(球界関係者)


 裏カジノの利用は当然違法である。バックには必ずといっていいほど反社会勢力の存在があるといわれ、経営者はもちろんのこと、利用客も処罰される可能性がある。ちなみに裏カジノについては11日付の『東京スポーツ』が、笠原が名古屋の裏カジノに行ってトラブルになり、それを球界の大物OBに処理してもらったと報じた。裏カジノに詳しいジャーナリストはこう語る。


「通常では考えられないような高レートで賭けが行なわれている。ギャンブル好きにとってはそのスリルがたまらず、いけないこととわかっていてもつい通ってしまう。当然元手も必要なので、桁違いのカネをもらっている有名人やアスリートが客には多いですね。特に日本で最も金銭的に恵まれているアスリートである野球選手はターゲットになりやすい。


 このような裏カジノをきっかけに、選手が野球賭博に誘われるケースもあるようです。裏カジノで深みにハマって大損した場合に、“野球賭博をやれば取り返せるよ”と誘われるパターンが大半」


 球界にはまだまだ深い闇が潜んでいる。前出の球界関係者はため息をつきながらこう語った。


「もっと多くの球団や選手に飛び火するのは必至。いまは日本シリーズを控えているから報道も自重気味だが、シリーズが終わったら一気に弾けるんじゃないですか」


※週刊ポスト2015年11月6日号

NEWSポストセブン

「カジノ」をもっと詳しく

「カジノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ