強盗被害に遭った17人のサッカー関係者。拳銃で脅される元選手も…

10月30日(水)21時0分 FOOTBALL TRIBE

写真提供: Gettyimages

近年多発しているサッカー選手の強盗被害。空き巣を中心に、多くの選手が被害に遭っている。試合の時間が決まっており、行動パターンを読まれやすいことも原因の1つなのかもしれない。

今回は、不運にも空き巣や強盗の被害に遭ってしまった選手や監督たちをご紹介する。


写真提供: Gettyimages

イアゴ・アスパス

スペインでは特に多い空き巣の被害。アスパスも犯罪者の標的となってしまった。

今月10日に強盗被害にあったアスパスは、宝石や衣類、金品など合わせて10万ユーロ(1200万円)ほどを盗まれてしまったようだ。


写真提供:Gettyimages

ルーカス・バスケス

試合中に被害に遭うことが多いサッカー選手だが、バスケスは家族で出かけている最中に強盗の被害に遭ってしまった。

詳しい被害額などは明かされていないが、宝石類や金品、思い出の詰まったものも盗まれてしまったようだ。


写真提供:Gettyimages

カゼミーロ、イスコ、ベンゼマ、ジダン

ジネディーヌ・ジダン監督を含む、レアル・マドリードの4名はアルバニア人の強盗グループの被害に遭ってしまった。

犯人グループは盗難車で携帯機器などで連絡を取り合っていたとされており、被害総額は約120万円とみられている。

しかし、今月18日にスペイン警察が犯人グループの逮捕を発表。連続強盗被害に、1つの終止符が打たれた。


写真提供:Gettyimages

アルバロ・モラタ

今年6月に恐ろしい事件に巻き込まれたのがモラタだ。EURO予選で遠征中だったモラタの自宅に武装した強盗が侵入。モラタは不在だったが、家族は在宅中だったという。

強盗たちは金目のものだけでなく、思い出の品も盗んでいったとされている。モラタの家族は精神的に大きなダメージを負ってしまったようだ。


写真提供:Gettyimages

ケビン=プリンス・ボアテング

昨冬にサッスオーロからバルセロナへ移籍したボアテング。初先発出場を果たした、ラ・リーガ第24節のレアル・バジャドリード戦の裏でバルセロナの自宅が空き巣の被害に遭ってしまった。

記念すべき日に、最大で40万ユーロ(約5000万円)相当のものが盗難されたことが分かっている。


写真提供:Gettyimages

サディオ・マネ

今年2月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエルン・ミュンヘン戦に出場したマネ。アン・フィールドで戦っている最中に、自宅が強盗被害に遭っていた。

高級時計や携帯電話など、金目のものが数点無くなっていたことが、警察の調べで分かっている。


写真提供:Gettyimages

アウベス、T・シウバ、シュポ=モティング

フランスもこの手の犯罪が多発する国だ。昨シーズン、パリ・サンジェルマンでプレーしていたダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、エリック・マキシム・シュポ=モティングが被害に遭っている。

それぞれが高級時計や腕時計、宝石類といった金目の物を盗まれている。


写真提供:Gettyimages

アルトゥール

バルセロナ期待の若手MFも強盗の被害に遭っている。5月1日に行われたCL準決勝1stレグのリバプール戦の最中に腕時計など持ち運びやすい貴重品を盗まれたようだ。

マドリードだけでなく、スペインは全体的に強盗被害が多いようだ。


写真提供:Gettyimages

フィリペ・コウチーニョ

昨シーズンをバルセロナで過ごしたコウチーニョ。しかし、当時の同僚ルイス・スアレスに選んでもらった新居が昨年2月に強盗被害に遭ってしまった。

家族でディナーをしていた最中に強盗の被害に遭ったコウチーニョは、帰宅後にそのことに気づいたようだ。すぐさま通報したが、犯人が捕まったという報告はなされていない。


写真提供:Gettyimages

ジェラール・ピケ

コウチーニョが強盗被害に遭ってから4か月後に、ピケも強盗被害に遭ってしまった。

ロシア・ワールドカップを目前に、妻のシャキーラさんとドイツを訪れていたピケ。不在となった自宅が強盗の標的にされた。宝石や腕時計が盗まれたとされているが、こちらも犯人が捕まったという報告はない。


写真提供:Gettyimages

ダニエル・スタリッジ

ウェルベックが強盗被害に遭ったのは今年7月。ロサンゼルスでオフを過ごしている際、そのロサンゼルスの自宅が被害に遭っている。

強盗は2時間ほど自宅を空けた隙に侵入したとみられており、金目のものだけでなく愛犬までをも盗んでいった。

SNSなどで悲しみに暮れていたウェルベックだったが、奇跡が起こる。Twitter上でスタリッジに「この犬じゃないか?」とメッセージが送られ、その犬が愛犬のルッチであることが判明。感動の再会を果たしている。


写真提供:Gettyimages

クラウディオ・マルキジオ

つい先日に現役からの引退を発表していたマルキジオ氏も、強盗の被害に遭ってしまった。それも在宅中にだ。

マスクを被った強盗4人組は現地時間29日の夜9時半頃に、マルキジオ氏の自宅に侵入。拳銃で負債を脅しながら、金目のものを盗んでいったという。幸い、両名にケガはなかったようだ。

現地警察は防犯カメラの情報を基に捜査を続けているが、犯人逮捕には至っていないようだ。


FOOTBALL TRIBE

「強盗」をもっと詳しく

「強盗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ