U−17日本代表、W杯16強をかけてアメリカ戦へ! 試合前に知っておきたい7つのこと

10月30日(水)19時9分 サッカーキング

U-17ワールドカップで日本とアメリカが対戦する [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本の高校生たちが世界を驚かせている。27日に行われたFIFA U−17ワールドカップ ブラジル 2019・グループステージ第1節で、U−17日本代表はU−17オランダ代表に3−0と快勝。UEFA U−17欧州選手権王者を撃破し、一躍注目の的となった。

 そして30日(日本時間31日早朝)には、決勝トーナメント進出をかけた大一番を迎える。対戦するのは、U−17アメリカ代表。初戦のU−17セネガル戦で1−4の逆転負けを喫した彼らにとっても、絶対に負けられない戦いとなる。日本の2連勝か、あるいはアメリカの今大会初勝利か。注目の一戦を前に、知っておきたい7つの情報を紹介する。

■ブラジル初開催のU−17W杯

 そもそも、U−17W杯とはどんな大会か——。現在のU−20W杯に次ぐ年代別代表の世界大会として、1985年に中国で第1回大会が開催された。以降、2年に1度のペースで行われ、今大会で18回目を数える。最多優勝回数を誇るのはナイジェリアで、過去5大会で王者に。2位はブラジルの3回となっている。なお、ブラジルは2014年W杯、2016年リオデジャネイロ・オリンピック、そして今夏のコパ・アメリカ2019と、立て続けにサッカーの国際大会を催しているが、U−17W杯が開催されるのは今回が初めてのこと。初の自国開催で“世界一”に輝くことができるのか注目される。

■もともとは16歳以下の世界大会だった
U−17W杯は、第3回大会まで「FIFA U−16世界選手権」の名称が使われていた。文字どおり、“16歳以下”の選手による世界大会として開催されていたのだ。出場資格が“17歳以下”となったのは、1991年の第4回大会から。今大会は、「2002年1月1日以降」に生まれた選手たちに出場資格が与えられる。ただし“最低年齢”も定められており、「2004年12月31日以前」に生まれた選手、つまり「2019年のうちに15歳になる選手」までしか出場できない。今大会の日本の最年少プレーヤーは、サガン鳥栖U−18 に所属するDF中野伸哉。チーム唯一の高校1年生だ。

■実はアメリカが歴代1位!

今回対戦するアメリカは、U−17W杯の大会記録を持っている。それは通算出場回数だ。アメリカはブラジルと並んで、今大会が最多17回目のU−17W杯出場となる。過去に出場を逃したのは、2013年のUAE大会だけ。U−17W杯ではお馴染みの“伝統国”と言える。ちなみに、日本は2大会連続9回目で、出場回数は“アジアNo.1”(注)だ。
(注)今大会が13回目の出場となるオーストラリアは“アジア枠”で出場しているが、2005年までは“オセアニア枠”として出場しているため、真のアジアNo.1は日本になる。

■初のベスト4を目指す戦い

U−17W杯における、日本の過去最高成績はベスト8。日本で開催された1993年大会とメキシコで開催された2011年大会で8強進出を成し遂げた。昨年のAFC U−16選手権で優勝し、“アジア王者”として今大会に参加している日本の目標はもちろん、ベスト4以上。FIFA主催の世界大会で日本の男子サッカーがベスト4以上の成績を残したのは、準優勝を果たした1999年のFIFAワールドユース選手権しかなく、新たな歴史を作ることが期待されている。

■U−17W杯では日本の2戦2勝
両国はU−17W杯で過去に2度対戦し、いずれの試合でも日本が勝利を収めている。初対戦は1995年のエクアドル大会。稲本潤一小野伸二を擁する日本は、今回と同じグループステージ第2節でアメリカと対戦すると、山崎光太郎氏と高原直泰氏の得点で2−1の勝利を飾った。その6年後、トリニダーゴ・トバゴ大会では初戦で顔を合わせ、日本が1−0で勝利。阿部祐大朗氏が決勝ゴールを奪った。実は両大会ともに日本はグループステージ敗退を喫しているが、今回は勝てば決勝トーナメント進出が決まる。対アメリカ戦、3連勝を収めて16強への切符を勝ち取りたい。

■アメリカを率いるのは元W杯戦士

アメリカを率いるのは、スイス出身のラファエル・ヴィッキー監督。1977年生まれの42歳で、現役時代はスイス代表選手として、2006年のドイツW杯に出場した経験を持つ。2001年から6年間はハンブルガーSVに所属し、高原直泰氏の同僚としても活躍した。監督への転身後、2017−18シーズンにはスイスの名門バーゼルを率いてチャンピオンズリーグのベスト16進出を達成。そして今年3月にU−17アメリカ代表監督に就任した。実は、昨年12月にアメリカ人のガールフレンドと結婚したばかりで、新妻に捧げる(?)勝利を狙う。

■親子2代でU−17W杯出場

アメリカで最も警戒すべきは、キャプテンで“背番号10”をつけるジョヴァンニ・レイナだろう。ドルトムントに所属する16歳は、今夏のプレシーズンでトップチームの練習にも参加した逸材だ。なお、父親はアメリカ代表でキャプテンを務め、1998年、2002年、2006年とW杯3大会連続出場を果たしたクラウディオ・レイナ氏。現在はMLS(メジャー・リーグ・サッカー)のニューヨーク・シティでスポーツディレクターを務めているが、今から30年前には、スコットランドで開催されたU−17W杯(当時は「FIFA U−16世界選手権」として開催)にアメリカ代表として出場していた。“レイナ家”にとっては、親子2代でのU−17W杯出場。父が果たせなかった決勝トーナメント進出という夢を叶えるためにも、この日本戦は負けられない一戦である。

(記事/Footmedia)

サッカーキング

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ