富山、安達亮監督の来季続投が決定「J2昇格を目指して全力で頑張る」

11月2日(金)14時33分 サッカーキング

来季続投が決まった安達亮監督 [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

 カターレ富山は11月2日、安達亮監督の来季続投を発表した。同監督は来季が就任2年目のシーズンとなる。

 続投が決まったことを受け、安達監督は富山のクラブ公式HPでコメントを発表。来季への意気込みを述べた。

「今シーズンに引き続き、来シーズンもカターレ富山の指揮を執ることになりました。自分自身も含めて、チームもクラブもまだまだ成長出来ると思います。スポンサー、ファン、サポーターの皆さんと共にJ2昇格を目指して全力で頑張ります。これからも皆様の熱い・熱い・熱いご声援をよろしくお願い致します」

 また、富山の代表取締役社長を務める森野弘樹氏もコメントを発表し、安達監督の手腕に期待を寄せている。

「安達監督の指揮のもと、今シーズン後半戦の試合内容は、これまで以上に攻撃的で、最後まで諦めずに走り抜くチーム姿勢が明確になってきている。競争意識と伸長度を確実に把握したうえで選手を起用し、若いチームをさらに進化させられる監督と判断したことから、今シーズンを最後まで戦い、来シーズンに向けた準備を着実に進めていくため、今般、監督続投を決定した」

 安達監督は現在49歳。これまでは横浜F・マリノスやヴィッセル神戸の下部組織などで指導し、2012年途中から2014年までは神戸の監督を務めた。翌2015年から2年間はV・ファーレン長崎のヘッドコーチを務め、2017年に神戸の強化部長に就任。今季より富山の指揮官に就任した。就任1年目の今季は、ここまで2018明治安田生命J3リーグで27試合を戦い、10勝3分け14敗の勝ち点「33」で11位につけている。

サッカーキング

「続投」をもっと詳しく

「続投」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ