トヨタ8号車が首位。復調のフェラーリはポルシェを上回る【タイム結果】2021年WEC第6戦バーレーン FP2

11月5日(金)16時56分 AUTOSPORT web

 11月5日、WEC世界耐久選手権第6戦バーレーン8時間レースのフリープラクティス2回目が、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、トヨタGAZOO Racingの8号車GR010ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)が、前日のFP1に続きトップタイムをマークした。


 現地時間午前9時から90分間行われたセッションは気温28度/路面温度33度というコンディションでスタート。ハイパーカークラスでは、トヨタ8号車のハートレーが最初のアタックで1分47秒673をマークしトップに。結局、これがこのセッションの最速タイムとなった。


 2番手に続いたのは、7号車GR010ハイブリッドで、小林可夢偉がこちらもセッション序盤に1分48秒200をマークしている。トヨタ2台の間には、0秒527のギャップがある状態だ。


 LMP2クラスでは、序盤にクラストップタイムを記録していたレーシングチーム・ネーデルランドの29号車オレカ07・ギブソンがセッション首位に。


 LMGTEプロクラスでは、BoP(性能調整)が緩和されたフェラーリ488 GTE Evoが本領を発揮したか、AFコルセの52号車がポルシェ911 RSR-19を上回り、クラストップにつけている。


 LMGTEアマクラスでは、デンプシー・プロトンの77号車が1分58秒489で最速。チェティラー・レーシング、アイアン・リンクスと、フェラーリ勢が続いた。


 木村武史の乗るケッセル・レーシング57号車フェラーリはクラス7番手、星野敏と藤井誠暢がドライブするDステーション・レーシングの777号車アストンマーティン・バンテージAMRはクラス12番手でセッションを終えている。


 WEC第6戦が行われているバーレーン・インターナショナル・サーキットでは、このあと13時20分(日本時間19時20分)からフリープラクティス3回目が行われる予定だ。


■2021年WEC第6戦バーレーン フリープラクティス2回目暫定結果




































































































































































































































































































































Pos.No.ClassTeamCarDriverTyreTime
18 HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドS.ブエミ
中嶋一貴
B.ハートレー
MI1’47.673
27 HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドM.コンウェイ
小林可夢偉
J-M.ロペス
MI1’48.200
336 HYPERCARアルピーヌ・エルフ・マットミュートアルピーヌA480・ギブソンA.ネグラオ
N.ラピエール
M.バキシビエール
MI1’49.056
429 LMP2 ProAmレーシング・チーム・ネーデルランドオレカ07・ギブソンF.バン・イアード
G.バン・デル・ガルデ
J.バン・ウィタート
GY1’50.513
522 LMP2ユナイテッド・オートスポーツUSAオレカ07・ギブソンP.ハンソン
F.シェーラー
F.アルバカーキ
GY1’50.559
631 LMP2チームWRTオレカ07・ギブソンR.フラインス
F.ハプスブルク
C.ミレッシ
GY1’51.190
734 LMP2インターユーロポル・コンペティションオレカ07・ギブソンJ.スミエコウスキー
R.バン・デル・ザンデ
A.ブランドル
GY1’51.314
844 LMP2 ProAmARCブラティスラバリジェJS P217・ギブソンM.コノプカ
O.ウェッブ
N.パンチアティシ
GY1’52.477
91 LMP2リシャール・ミル・レーシング・チームオレカ07・ギブソンT.カルデロン
S.フローシュ
B.フィッセール
GY1’52.838
1021 LMP2 ProAmドラゴンスピードUSAオレカ07・ギブソンH.ヘドマン
J-P.モントーヤ
B.ハンリー
GY1’52.856
1128 LMP2JOTAオレカ07・ギブソンS.ゲラエル
S.バンドーン
T.ブロンクビスト
GY1’53.183
1270 LMP2 ProAmリアルチーム・レーシングオレカ07・ギブソンE.ガルシア
L.デュバル
N.ナト
GY1’53.262
1338 LMP2JOTAオレカ07・ギブソンR.ゴンザレス
A.F.ダ・コスタ
A.デビッドソン
GY1’53.635
1420 LMP2 ProAmハイクラス・レーシングオレカ07・ギブソンA.フィヨルドバッハ
D.アンデルセン
R.クビサ
GY1’54.340
1552 LMGTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EvoD.セラ
M.モリーナ
MI1’57.509
1691 LMGTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSR-19G.ブルーニ
R.リエツ
F.マコウィッキ
MI1’57.924
1792 LMGTE ProポルシェGTチームポルシェ911 RSR-19K.エストーレ
N.ジャニ
M.クリステンセン
MI1’58.043
1851 LMGTE ProAFコルセフェラーリ488 GTE EvoA.ピエール・グイディ
J.カラド
MI1’58.043
1977 LMGTE Amデンプシー・プロトン・レーシングポルシェ911 RSR-19C.リード
J.エバンス
M.キャンベル
MI1’58.489
2047 LMGTE Amチェティラー・レーシングフェラーリ488 GTE EvoR.ラコルテ
G.セルナジョット
A.フォコ
MI1’58.716
2160 LMGTE Amアイアン・リンクスフェラーリ488 GTE EvoC.スキアヴォーニ
A.ピッチーニ
M.クレッソーニ
MI1’58.753
2256 LMGTE Amチーム・プロジェクト1ポルシェ911 RSR-19E.ペルフェッティ
M.カイローリ
R.ペーラ
MI1’59.344
2383 LMGTE AmAFコルセフェラーリ488 GTE EvoF.ペロード
N.ニールセン
A.ロベラ
MI1’59.430
2488 LMGTE Amデンプシー・プロトン・レーシングポルシェ911 RSR-19K.アル・クバイシ
A.ジェフェリーズ
J.アンドラウアー
MI1’59.534
2557 LMGTE Amケッセル・レーシングフェラーリ488 GTE Evo木村武史
M.イェンセン
S.アンドリュース
MI1’59.576
2633 LMGTE AmTFスポーツアストンマーティン・
バンテージAMR
B.キーティング
D.ペレイラ
F.フラガ
MI1’59.622
2785 LMGTE Amアイアン・リンクスフェラーリ488 GTE EvoR.フレイ
S.ボフィー
K.レッグ
MI1’59.626
2898 LMGTE Amアストンマーティン・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
P.ダラ・ラナ
A.ファーフス
M.ゴメス
MI1’59.662
2954 LMGTE AmAFコルセフェラーリ488 GTE EvoT.フロー
F.カステラッチ
G.フィジケラ
MI1’59.913
30777 LMGTE AmDステーション・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR
星野敏
藤井誠暢
A.ワトソン
MI1’59.947
3186 LMGTE AmGRレーシングポルシェ911 RSR-19M.ウェインライト
B.バーカー
T.ギャンブル
MI2’00.363

AUTOSPORT web

「バーレーン」をもっと詳しく

「バーレーン」のニュース

「バーレーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ